奈良 二月堂竹送り~奈良編~

奈良 二月堂竹送り~京田辺編~の続きです。

 

竹送り18

瓦道駐車場では奈良のスタッフの方が迎えてくださり、そこからは旧街道を京田辺市の真竹と滋賀県のツル(同じくお水取りの松明として使われる。)を担いで歩きます。

 

転害門(てがいもん)前広場に到着すると、和太鼓の演奏が行われ、地元の奈良街道まちづくり研究会のみなさんがお茶やぜんざいの接待をしてくださいました。

 

IMG_20160211_113051竹送り19

 

その後、同広場を出発し東大寺南大門前からは寄進竹を乗せた大八車と合流して二月堂へ向かいます。

 

竹送り21竹送り22

DSC_4570IMG_20160211_175217443

二月堂近くの保管場所に寄進竹を立てかけて奉納し解散となりました。

 

今回竹送りの行事に参加して、本当にたくさんの方々に支えられて続けられている伝統行事なんだと改めて思いました。

 

 

奈良 二月堂竹送り~京田辺編~

みなさん、あの有名な東大寺二月堂の「お水取り」で使われる籠松明に京田辺市の竹が使われているのをご存知ですか?

 

 

京田辺市では毎年2月11日に東大寺に寄進する竹を掘り起し、大御堂観音寺で道中安全祈願をし、奈良まで運ぶ「二月堂竹送り」が行われています。その伝統行事に参加してきました。

 

受け付けを済ませたあと、竹起こし場所まで移動します。

 

竹送り10

 

行事を主催されている山城松明講社のみなさんが掘り出す様子を見ることができました。寄進する竹は2,3年前からしるしをつけて大事に育てられているそうです。近年はいのししの被害などがあってなかなか新しい竹が育たないとのお話もあり、寄進する竹を育てることにご苦労もされているようでした。立派に生育した竹を掘り出し、倒す様子はとても迫力があり、参加されている方も興味深げにその様子を見守っていました。

 

竹送り2

 

竹を掘り出したあと、普賢寺ふれあいの駅で大根炊きの無料接待がありました。

 

竹送り13DSC_4534

 

あつあつの大根を竹の器に入れてくれます。体があたたまりました。

 

その後、大御堂観音寺へ移動し道中安全祈願の祈祷を見学しました。

 

DSC_4544

 

御祈祷の後、竹を奈良まで運ぶトラックが停車しているところまで参加者が担いで運びました。

 

竹送り15IMG_20160212_075217

 

DSC_4554竹送り16

 

子供たちも元気よく楽しそうに竹を担いでいましたよ。

 

DSC_4560

 

その後、寄進竹はトラックに積まれて奈良へ向けて出発しました。

参加者もバスに乗って奈良へと向かいます。つづく。

 

 

eo光テレビ「原田伸郎のこの街ええなあ」で、京田辺市が放映中!!

先日、原田伸郎さんが「原田伸郎のこの街ええなあ」の撮影で京田辺市に来られていました。

その時の記事はこちらをご覧ください。

 

 

その映像がケイ・オプティコム eo光テレビ「原田伸郎のこの街ええなあ」(11h)で放送されます。

(第1・3水曜日9時~)

 

この番組は、原田伸郎さんが毎回関西圏の一つの自治体にスポットをあて、その地域の最新情報や伝統的な歴史、文化、名物などを紹介しています。

 

一休さんも頑張って撮影にチャレンジしましたよ。

 

ぜひご覧くださいね!

 

IMG_20160119_101204

2月6日(土)京田辺ブランド一休品販売会inアルプラザ京田辺店

2月6日(土)10時~16時までアルプラザ京田辺店1階エスカレータ前の特設会場にて京田辺ブランド一休品の販売会を行います。

 

もうすぐバレンタイン!愛をこめて抹茶ぼーるちょこや一休品をプレゼントしませんか?

今回は一休さんも遊びに来てくれますよ♪

一休さん出演時間は10時~、12時半~、14時半~となっています。(予定)

ぜひお立ち寄りくださいね。

  12512699_1053272128079633_8018758502507237056_n       

 

5月30日(月)「ツアー・オブ・ジャパン」京都ステージが開催されます!

 国内最高峰のUCI(国際自転車競技連合)公認国際自転車ロードレース「ツアー・オブ・ジャパン」京都ステージ開催が、正式に発表されました!

 
5月30日(月)午前9時25分普賢寺ふれあいの駅をスタートし、同志社大学京田辺キャンパスを通り、普賢寺小学校までセレモニーランが行われます。

 


その後、1周16,8㎞の周回コースへ入り、ゴール地点は精華町の「けいはんなプラザ」周辺となります。

このコースを6,5周する京都ステージは、アップダウンが続き参加者にとっては厳しいコースになりそうです

 

下記の京都ステージのホームページ・フェイスブックで随時情報発信されていますので、ぜひご覧くださいね。


<ホームページ>
http://tojkyoto.com/ 


<facebook>
https://www.facebook.com/tojkyoto/

 

12592545_951074134999851_288342041225595958_n

12622226_951074131666518_6280409638279959584_o