アーカイブ | 1月 2016

【京田辺市の見どころ】穴山梅雪墓所

今年も大河ドラマが始まりましたね。

 

その「真田丸」第一話の中で戦国武将「穴山梅雪」が登場していました。

 

 

実は穴山梅雪のお墓、京田辺市にあるんですよ!

 

 

家康とともにいた梅雪は、本能寺の変の知らせを受けると、一行のしんがりをつとめ、諸説ありますが京田辺市の草内あたりで亡くなったようです。

 

 

詳しくは京田辺市観光協会HPをご覧ください!

 

 

ぜひ実際に訪れて歴史の息吹を肌で感じてみて下さいね。

 

1月30日(土)には梅雪のお墓を訪ねるJRハイキングも開催されますよ。こちらも参加者受付中です!!

 

10583898_1040661592674020_1110004047636019877_n

一休善哉の日

1月31日(日)10時~16時まで酬恩庵一休寺において『一休善哉の日』が行われます。

1001967_1037099299696916_7045289432451098495_n[1]

一休善哉とは・・・?

1月1日生まれの一休禅師にちなんで、毎年1月の最終日曜日に行われる行事です。

参拝される方は今年一年の善き行いを誓い絵馬に書き記したあと祈祷奉納が行われます。
 

その後、善哉を食することで、その誓いの実行に向けて気持ちを新たにし、その成就を願うものです。

 

 

日 時  1月31日(日) 10:00~16:00
奉納料 1000円(通常拝観料500円を含む)

奉納料には拝観料、絵馬、善哉が含まれます。

 

 

善哉(ゼンザイ)の由来・・・

一休さんが大徳寺の住職からお餅の入った小豆汁をごちそうになり
「善哉此汁(よきかなこのしる)」とおっしゃったことから
善哉となったと言われています。

 

一休善哉の日に参加して、一年の誓いを新たにしてみませんか?

 

場所・主催は酬恩庵一休寺です。

お問い合わせ先:0774‐62‐0193

一休寺の除夜の鐘

新年あけましておめでとうございます。

今年も京田辺市観光協会をどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

京田辺市にあります一休寺にて毎年行われている除夜の鐘に参加してきました。

 

23時半くらいに着いたのですが、駐車場もいっぱいで境内では除夜の鐘を待つ人で長蛇の列ができていました。

 

午前0時からひと家族1回ずつ鐘を突くことができました。

 

方丈では住職の方がお経をあげていらっしゃり、庭園もライトアップされていてとても美しく、厳かな雰囲気でした。

 

みなさまもぜひ一度行かれてみては!?

 

DSC_4305