アーカイブ | 2010年10月23日

西八の朝市は新鮮野菜がいっぱい

毎週火曜日と土曜日に開催されている、大住西八の朝市におじゃましました。:mimi:

なすやねぎなどたくさんの野菜が並んでいました。

場所も北部住民センター前でとてもわかりやすいです。

地元でとれた野菜は新鮮で、旬なものが並んでいます。

null

ぜひぜひ、お立ち寄りください。

null

西八さわやか朝市は・・・

毎週火曜日と土曜日

4月から10月は  朝8時30分から正午まで

11月から3月は  朝9時から正午まで

場所は、北部住民センター前です。

byイニ:-D

やましろ観光プロモーションで京田辺をPR

先日、奈良の平城遷都1300年祭に来場者数が予想よりも早く300万人に達した:choki:とニュースで
やっていました。

その、平城遷都1300年祭に山城管内の市町村で10月21日から23日までの3日間、観光P
Rと特産品の販売を行ってきました。

京田辺からは普賢寺ふれあいの駅さんが、新鮮野菜やお茶、おもちなどの加工品を販売。
わが観光協会も一休人形とキララちゃんストラップを売りながら観光PRをしました。

null

また、各市町村に1分ずつ時間をもらって、まちの魅力をアピールする場もありました。
なんと8-|、京田辺の出番には、京田辺市商工会さんで作られたばかりのおNEW:**:の一休さんが
登場。
会場を沸かしました:hahaha:

null

水出し玉露の接待コーナーや、各町の紹介コーナーもあり、やましろ観光の魅力をたっぷりお伝えした
3日間でした:good:

null

null

byイニ:-D

1250年ぶりに奈良の地で大住隼人の舞

やましろ観光プロモーションでにぎわっている平城遷都1300年祭。
10月23日には、やましろの伝統行事を代表して、大住隼人舞が披露されました。

大住隼人舞は、約1250年前に平城宮で舞をされていたということで、まさに、平城遷都
1300年祭にふさわしい舞の披露でした。

舞が披露されたのは、まほろばステージ。
ステージ前の客席には、出演時間前からたくさんの人が見に来られました。

たくさんの人の前で、舞人たちは、堂々と舞を披露してくれました。

null

null

null

大住隼人舞保存会のみなさまには、平城宮跡から全国へ、京田辺を発信していただきました。:!!:
ありがとうございました。

byイニ:-D

一休さんとせんとくんが友好結ぶ

平城遷都1300年祭で祭デビューした一休さん。

会場ではたくさんの人と出会いました。

会場で、京田辺の観光PRをしていると、突如平城遷都のマスコットキャラクター「せんとくん」
があらわれ、二人はすぐ仲良しに。

友好の握手を交わしました。

null

その後も次々と記念撮影に応じた一休さん。

せんとくんに負けないくらいの人気者となりました。

(天平美人に囲まれはにかむ一休さん)
null

(隣は井手町の橘諸兄さんの横でも写真攻め:camera:にあう一休さん)
null

(せんとくん、まゆまろと共に記念撮影大会に出演中の一休さん)
null

(最後は、せんとくん、まゆまろとともに)
null

byイニ:-D