アーカイブ | 9月 2010

京田辺市茶まつり開催!

10月3日(日)に酬恩庵一休寺にて茶まつりが開催されます。

時間は10:00~15:00頃まで

内容は、美味しいお茶の淹れ方教室、茶手揉み実演、玉露無料接待に、京田辺玉露の一煎パックの
:**:無料配布:**:もあります!!(パックの数量制限あり)

参加費は無料です:choki: (一休寺を拝観される方は別途必要です。)
事前申し込みはありません。当日気軽にご参加ください:onpu:

主催は京田辺市です。お問合せは市役所農政課(0774-64-1362)まで。

玉露は京田辺の特産品です:star1.0::star1.0::star1.0:
お茶のこと、知って覚えて広められるように是非参加してみましょう:coff:
きっと普段飲んでるお茶の味と、ぜんぜん違いますよ~:good:

by バンビ:heart:

キララちゃん☆ゆるキャラ人気投票

京田辺フォトコンテストの〆切間近・・・おうちに応募し忘れている写真など眠っていませんか???

今日はキララ商店街・人気キャラクターキララちゃんのお知らせです:star1.0:

すっかり商店街・京田辺の顔となったキララちゃん:**:

京田辺の秋の交通安全週間や、兵庫県でのタコフェリークルージング、滋賀県イナズマロックフェスなど9月も大忙しのようです8-|8-|8-|

只今、「yuruchara.com(ゆるキャラ(R)ドットコム)」の中のゆるキャラ(R)ランキングにおいて、熾烈な首位争いを繰り広げています:!!:

みなさんの投票を受付中です:heart:
(投票は携帯からの受付となります。)

みんなでキララちゃんを1位にしよう:!!:

くわしくはこちら:arrow:キララ商店街公式HP

byナスっち:sun:

一休とんち大賞の入賞作品決まる

6月から7月まで募集をしました第19回一休とんち大賞。
今年は、第26回国民文化祭・京都2011プレイベントともなっているおかげか、過去最高の
3025作品の応募がありました。

9月22日に服飾研究家の市田ひろみさん他8名の審査委員のみなさんにお集まりいただき、入
賞作品を決定する審査委員会を開きました。

厳正なる審査の結果、こばなし、エッセイ、川柳大人、川柳子どもの4部門において、それぞれ、
大賞、優秀賞、佳作が決定:**:しました。

受賞されましたみなさまには、後日決定の通知と11月3日の授賞式のご案内をさせていただき
ますので、お待ちください。

byイニ:-D

9月23日(木)駅ナカ京のふるさと出会い市出店!

今、近鉄新田辺駅東口近くの駐輪場に観光案内パンフレットを届けてきましたー:-P
すずしくなってきたと思いきや、なかなかの暑さですね・・・=:[

以前お伝えしていた駅ナカ京のふるさと出会い市レポートです:-D

当日は朝からかなりの雷と雨:kaminari:
警報も出ている中、無事京都駅までたどりつけるかさえ心配になりました:*o*:が、私が京都駅につく頃には雨も少し小ぶりになってきました:ame:
まだまだ傘は手放せなかったですが:ase:

でも大丈夫!駅ナカ京のふるさと出会い市は地下の南北自由通路上にあるため、雨にぬれることもありません:**:

11時から開店で〜す:onpu:今回ご一緒させていただいたのは、八幡・四季彩館でも手作りパンなどを販売されている京・流れ橋食彩の会さんと、石清水八幡宮名物やわた走井餅さんです:roll:

お米で作ったパンは午前中でほぼ売り切れ状態8-|

販売されているお隣で、八幡市・宇治市・京田辺市の3市で観光案内をさせていただきました。
京都をテーマにした数多くの写真集を出版されている写真家・水野 克比古さんがとられた一休寺の紅葉のチラシが、多くの人の目をひいていました:momiji::momiji::momiji:
「一休寺いったことあります:-o」「甘南備山にのぼったことあるよー:hahaha:」など嬉しい声もきくことができました:heart:

次回は、桜の季節3月上旬頃にまた3市で出店する予定です:sakura:
またくわしく、ブログでお知らせしますね:futaba:

駅ナカ京のふるさと出会い市は来年3月31日(木)まで日替わりで毎日出店されています:!!:午前11時から午後7時までですよ:wink::**:

byナスっち:sun:

竹取物語の里として京田辺の名が登場

京田辺市郷土史会さんからご案内いただいた奈良・大安寺の観月会へ9月23日に行ってきました。

大安寺秘仏や重要文化財の十一面観音立像を見せていただいた後、大安寺南門に作られた舞台で講演
や上方舞、竹取物語・群読仕方話が行われました。

「大安寺と竹取物語」と題して、河野良文大安寺貫主と古代史研究家の大場義昭氏による話では、か
ぐや姫の父である「筒木の翁」は、京田辺市に住んでいたと話され、京田辺市の名が会場で出てきて、
うれしく思いました。

中秋の名月の次の日でほぼ満月の月を見ながらの竹取物語の舞台は、とても雰囲気のある舞台でした。:star1.0::star1.0::star1.0:

(観月会では、煎茶道による野煎席もありました)

byイニ:-D