アーカイブ

一休さんと酬恩庵の絵画

5月17日に京都国立博物館で土曜講座「一休さんと酬恩庵の絵画」が行われました:bikkuri:
講師は京都国立博物館美術室長の山本英男さんでした:)
講座は1時間30分行われ、一休さんの生涯や、一休寺の絵画についてお話されました:-o
一休さんについて深く知ることができました:good:
機会があれば、みなさんも京都国立博物館の土曜講座を受講されてみてはいかがですか:hatena:
null

また、京都国立博物館で4月22日から開催されている、南山城山城の古寺巡礼「特別展覧会」で一部の展示作品が5月20日から入れ替えられました。
一度見に行かれた方もまだ見に行かれていない方もぜひ、見に行ってください:star1.0:
南山城地域の仏像や文化財がたくさん見られます:-D
:arrow:国立博物館

NEXCO西日本社内報「ふらっと」に一休とんちロードが紹介されました

上の写真の通り「ふらっと」内のエリア特集関西高速道路の旅というページで
事務所周辺のおすすめスポットとして一休とんちロードが紹介されました:onpu:

他のオススメには美術館や古墳、水族館などそうそうたる顔ぶれです:ase:

色んな方に知っていただいて一人でも多くの方に足を運んでもらえたらなぁと思いました:onsen:

千葉県習志野市へ視察に行ってきました

京田辺市と災害時相互応援協定と提携している習志野市へ、視察に行ってきました:-D

本市が4月に開催した花見ウオークで習志野市の特産品を販売したり、習志野市で3月に開催された交流博において本市の観光パンフレットを配布していただいたりなど観光の分野で交流を行っています:onpu:

習志野市民が選んだ自然・場所のアンケートで、堂々1位に選ばれたのが津干潟です:futaba:
谷津干潟公園は、こんな感じです:camera:
null

null

null

心が落ち着くそんな感じが伝わってきますね:umi:

また、谷津公園の中には、読売巨人軍発祥の地の記念碑があり、選手のサインや手形も飾ってあるようです:bikkuri:

習志野市には、日本で初めてが、いくつかあるようで…その1つが干潟初のラムサール条約登録(特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約)登録湿地に認定されたようです:bikkuri:

null

都市部の干潟がラムサール条約に登録されるのは世界的にも珍しいそうです:bikkuri:

習志野市の魅力は、まだまだたくさんあります:heart:また機会があれば、ぜひ足を運んでご覧ください:umi:

普賢寺ふれあいの駅に行ってきました~

先日所用で普賢寺ふれあいの駅さんにお邪魔させていただきました:-D

ちなみにみなさんは野菜の「」についてどのくらいご存じですか?

私は正直一番おいしい時期ということくらいしか知らなかったのですが
「出さかりの時期で価格は安くなり、栄養価は最高に達し、
味も一番おいしい時期」ということだそうです:idea:(魚介類は若干意味が違うそうです)

また、夏野菜を例に挙げるとなすやかぼちゃ等は体を冷やす効果があるそうでで、旬のものを食べることは体にいいそうです:syokuji:

ただ、近年では栽培技術の向上によりどの野菜もほぼ年中食べられるようになり、どれが旬のものか分からなくなってきています:ase2:

前フリが長くなってしまいましたが普賢寺ふれあいの駅では↑のように
どれが旬の野菜なのか分かるようにしてくださっているので参考にしてください:onpu:
料理のメニューも紹介されています:**::**:

野菜の直送便もされていますよ~:futaba:

25年度 観光協会総会が開催されました

7月3日(水)に京田辺市観光協会平成25年度通常総会が社会福祉センターで行われました。
null

林啓志京都府山城広域振興局農林商工部長、石井明三京田辺市長、市田博京田辺市議会議長には、ご多忙にも関わらず来賓としてご出席いただきありがとうございました。

null

null

null

府議の上村崇様、尾形賢様からも祝電を賜りありがとうございました。

null

ご出席いただいた会員の皆様も、お忙しい中、時間を作っていただいてありがとうございました。
お陰さまをもちまして盛会のうちに終了することができましたことを心よりお礼申し上げます。

写真を撮り忘れてしまいましたが、暑い中お越しいただいた方へ水出し玉露を準備して
召し上がっていただきました:**:
大変美味しいと皆様にご好評いただきまして、さすが『玉露のまち京田辺』の自慢のお茶です:bikkuri:

副会長のお話でも、他府県から視察に来られた方に水出し玉露をお出しした時に
「大変美味しい」と感心されて買って帰られたエピソードがありました。

null

25年度も京田辺市観光協会、頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします。

by バンビ:heart: