アーカイブ

一休寺納豆と一休納豆の食べ比べをしました!

null

京田辺市の有名な食べ物の一つとして挙げられる「一休寺納豆」:**:

そこで!今回は…

一休寺で造られている「一休寺納豆」と
普賢寺ふれあいの駅で販売されている「一休納豆」を食べ比べてみました:onpu:

そもそも一休寺納豆とは…
約500年前に、一休禅師が中国からの製法をもとに伝えたものだといわれています。
麹菌を使用して、発行させた塩辛い納豆です。
一年間天日干しにして完成させるアミノ酸も豊富な保存食です:**:

まず、一休寺の「一休寺納豆」

null

一休寺では、一休寺納豆が手作業で製造されています。
7月末から仕込みを始めます。
塩湯入りの桶に、納豆の下地を入れ、一日に何回かかき混ぜる作業を
一年間続けます。
そうして、一休寺納豆ができるのです。

一休寺で造られる一休寺納豆を食べてみると、大変香り豊かで、塩味が結構強めです:idea:
なので、ご飯と一緒に食べたり、お酒の友としてぴったりだと思います:good:

一休寺でも販売されている他、電話注文も行われています。
電話0774-62-0193(10:00-4:00)

次に、普賢寺ふれあいの駅で販売されている「一休納豆」

普賢寺ふれあいの駅で販売されている「一休納豆」は、
加藤雅美さん手作りの一休納豆です。
こちらの一休納豆は「減塩一休納豆」とされております。

減塩ということで、塩分が控えめに造られており、これ以上減塩できない
というところまで減塩されています。

食べてみると、風味豊かな上、大変まろやかな味わいでした:idea:
減塩されているため、幅広い年齢層の方が楽しめるものとなっています:onpu:

因みにこの一休納豆は、1948年にふるさと自慢加工食品コンクールで奨励賞を受賞しました:star1.0:

普賢寺ふれあいの駅や、農業祭にて販売されています。

両者とも味の特徴が違い、とても楽しかったです:!!:
みなさんも一休寺納豆と一休納豆の食べ比べをしてみてはいかがでしょうか:wink::heart:

byちっち:sun:

キララロールに高級抹茶をふりかけ

1月19日の一休バルでバル商品があっという間に売り切れたとお聞きした今村芳翠園さんの「キララロール」:cake:
実際に味わいたいと思い、いただきました。

null

白い生地に白いクリームが入っているという、見た目は真っ白のロールケーキ。
中に栗が入っているので、黄色いアクセントがあります。

高級抹茶が袋に入っているので、抹茶を好きなだけふりかけて楽しみます。

抹茶がとてもおいしく、ふりかけるだけでは、もったいなかったので、抹茶にして飲んで楽しみました:mrgreen:

null

今村芳翠園さんのHPものぞいてください。
:arrow:今村芳翠園

byイニ:-D

リーフ1月号に協会会員の「ハンバーグダイニング たくみ」が掲載されました。

null

11月25日に発売された「Leaf1月号」に
京田辺市観光協会会員「ハンバーグダイニング たくみ」さんが掲載されました:syokuji::**:

null

ぜひ一度、肉汁たっぷりのハンバーグを食べに行ってみて下さい:wink::heart:

ハンバーグダイニング たくみさんの詳細は:arrow:こちら

byちっち:sun:

普賢寺ふれあいの駅のおすすめ品

普賢寺ふれあいの駅では様々な加工品が販売されていますが
今回紹介するのは・・・

「調味料」です:!!:

調味料は、料理の基本であり重要な役割を果たします。

ふれあいの駅で販売されているものはどれも手作りで、美味しい:wink::heart:

「手作り一休みそ」

甘めの味でお味噌汁にするととっても美味しいです。
お味噌には栄養分がたくさん入ってるので、
ぜひ朝食に一休みそで作ったお味噌汁をどうぞ。

「手作り減塩しお麹」

今流行の塩麹。
塩麹は酵素が入っており、疲労回復や美肌効果まであると言われています。
こちらは減塩となっているので塩分が気になる方にも食べて頂けます。

「とんちドレッシング・さんしょみそドレッシング」

このドレッシングは京田辺市農業女性団体
「京田辺市生活研究グループ」によって開発されました。

とんちドレッシングは、一休寺納豆風に仕上げた自家製納豆と
オリーブオイルを合わせたイタリアンによく合うドレッシングです。
一休寺納豆のこくが出て大変深みのある味わいとなっております。

さんしょみそドレッシングは、その名の通り京田辺市内産の山椒と
自家製味噌を使ったドレッシングです。
味噌に山椒が入ることによって、さわやかな味わいとなっております。

ぜひ、ご家庭でこの調味料を使って美味しい料理を食べて下さい:syokuji::**:

普賢寺ふれあいの駅HP:arrow:こちら

byちっち:sun: