同志社学生が観光を学ぶ②


同志社大学プロジェクト科目「けいはんな観光素材発掘プロジェクト」の講義を聴講しました。
3回目となる4月28日のテーマは、「けいはんなのまちづくりと観光、京田辺市の観光案内などを参考に」で、講師の日本旅行の担当者の方が、京田辺市観光協会のホームページを使いながら、観光場所や食べるところ、体験するところの紹介をされました。
当協会のホームページで京田辺市の観光素材を「観る」「遊ぶ・体験する」「買う」「食べる」などの項目別に紹介しているので、学んでいる学生さんにも順に見ていただくことができました。
(事務局日記については、紹介がなかったので、ちょっと残念でした・・・:cry:

また、学生さんによる一言スピーチのテーマは、「自分の生まれ育ったまちの観光資源について」でした。
「小中学生には海、おばちゃんには温泉」とターゲットをきちんとしぼって発表されたり、「商店街を盛り上げるための工夫」を挙げられたりと自分の生まれ育ったまちをPRするために事前にいろいろ調べて発表されていました。

 by イニ:-D