同志社学生が観光を学ぶ③


6月2日は、これまで2回聴講した同志社大学プロジェクト科目「けいはんな観光素材発掘プロジェクト」の実地調査があり、同行させていただきました。
この科目を受講されている学生さんがこれからつくっていかれる観光プランの素材となるものを見出すために行われたもので、市内の観光地をバスで巡りました。
そして、わが京田辺市観光ボランティアガイドもいっしょにいっしょにのって、バスの中や行く先々で案内をしました。

行き先は、まず、舞妓の茶本舗さんに行き、日本茶インストラクターさんによる日本茶教室や手もみ茶についての話を聞きました。次に、一休寺で住職さんから直接お話を聞いた後、雨が少し降って足元が滑りやすい中、虚空蔵谷川の滝を見に行きました。そして、竜王野外活動センターでクラフト教室についての話を聞きました。観光プランにものを作ったりする体験もいれたらどうかということで、今日のコースが選ばれたようです。最後に、観光案内所へも寄っていただき、観光案内所の業務について説明させていただきました。

学生のみなさん、京田辺市の観光素材を使って、どんなユニークな観光プランを作っていただけるか楽しみにしております。どうぞ、発想豊かに楽しいプランを見出してください。:wink:

 by イニ:-D