同志社大生によるインタビュー


同志社大学の学生さんら4人が6月12日に観光協会事務局を訪問。観光協会の業務内容や観光政策などについて1時間ほどインタビューを受けました。

質問をしてくれたのは、政策学部2回生の宮崎駿さんと設楽茜さん。アカデミック・スキル「まちづくりフィールドワーク」という授業の一環で、5月からすでに一休寺やお茶の工場など市内外に出て調査をされています。「一休さん」、「お茶」、「同志社」をテーマに3ヶ月かけてリサーチをされ、7月に政策提言をされます。

京田辺市観光協会が平成10年に設立した経緯や一休とんち大賞の応募状況、京田辺市の観光の強み・弱みなどのつっこんだ質問もありました。:ase:

学生さんが質問をしてくれることで、今後必要な観光戦略について改めて考えさせてくれる機会となりました。:idea:

ちなみに、政策提言は7月17日(金)午後1時30分から同志社大学京田辺キャンパスのローム記念館で行われ、どなたでも見に行けます。
どのような提言が行われるか、楽しみ:-Pです。

byイニ:-D