「継体天皇ゆかりの地を歩く」

Pocket

最近お天気:sun:が続いていますね:heart:そろそろ春も近くなってきた様子です:wink:

2/20(土)にJRふれあいハイキング「遷宮1500年に向けて 継体天皇ゆかりの地を歩く」に参加してきました:!!:

時間になると受付に多くの方が!
みなさん来られた順番に色違いのリボンと資料をお配りし、全6グループに分かれ準備ができたところから出発:!!:

早速の坂8-|を登り、まずは「天神山遺跡」へ。

ここは20棟以上の弥生時代の竪穴住居が発見されたところです。
数々の生活用具も出土されたそうですよ:-D
当時の暮らしを想像しながら・・・・次の「筒城宮伝承地」へ:!!:

ここは同志社大学の中にあります。
ここは筒城宮があったとされる場所なのではないかな??と推定されている場所。
でもそういう歴史上の「?」を想像することってすごくロマンがあって楽しいですよね:mrgreen::heart:

次に訪れたのは「山崎神社」。
ここは古墳の上に建てられた神社です8-)ここも継体天皇とつながりが・・・。
「山崎神社」の後は近鉄・JR三山木駅の前を通り、「寿宝寺」へ:!!:


「寿宝寺」には重要文化財である十一面千手千眼観音立像が安置されています。
千の目で見て、千の手で助ける観音様。
暗くしたところで見るお顔とお昼の日が照っている時に見るお顔が違うそうです8-|

その後、以前鶴沢の池があった公園でお昼ご飯♪♪♪

ご飯を食べて、お菓子までいただいて:heart:(ありがとうございます♪)
おなかも元気もいっぱいになったところで出発:!!:

次に訪れたのは「飯岡咋岡神社」。
ここには柿本人麻呂の歌碑があります:**:大和から京への街道筋だったこの道。
旅人の心細さを詠んだ歌が刻まれています。

「飯岡古墳群」の周りは茶畑に囲まれたのどかなところです♪
4〜6世紀の古墳が多くいたるところに古墳が8-|

ここで田辺の絶景スポットに連れていっていただきました!

木津川と茶畑が一望できます:**:

徳川家康の武将であった「穴山梅雪墓」に手を合わせ、
もう一つの咋岡神社「草内咋岡神社」を目指します♪
境内の裏手にある林は教科書でもよく出てくる山城国一揆の舞台となった草路城跡だそうです。

最後の見所は「法泉寺」。
このお寺のご本尊の十一面観音が草むらから現れたため、
このあたりを「草内」と呼ぶようになったと伝えられています。
初めて知りました8-|


最後は近鉄興戸、JR同志社前駅まで歩いてそこで解散:-D
皆様、お疲れ様でした:**:また京田辺にお越し下さいね:heart:

byナスっち:sun: