一休寺の障壁画がデジタル技術で再製

Pocket

一休寺には、たくさんの重要文化財がありますが、方丈もその一つ。その方丈にある襖絵は江戸時代前期
の狩野派を代表する絵師、狩野探幽が描いています。

これまでは、探幽が描いた本物の襖絵を直接見る:roll:ことができていたのですが、長年の日焼けなどで
劣化していました。:[]
そこで、一休寺は、デジタル技術をもっている大日本印刷に昨年から依頼され、再製:**:されました。

私も実際、その襖絵を見せていただきました。:roll:
なんと8-|8-|、本物とまちがえたぐらい=:[の傷やシミの形跡がそのまま残っていました。

フィルムのカメラとスキャナーで画像を読み取り、襖の汚れや変色に修正を加えて絵の立体感を出し
ているそうです。

今後、原物はお寺で保存され、劣化を心配することなく:mrgreen:、方丈で、再製画を鑑賞することができます。:wink:

byイニ:-D