香港と台湾からの旅行本記者による取材

Pocket

2月15日に香港:hiko-ki:と台湾:hiko-ki:から、旅行の本を作られている記者とカメラマン:camera:
方が来られ、京田辺市内を取材されました。

旅行の本というのは、日本でいうと「るるぶ」のような本で特に個人旅行:aruku:を楽しみたいときには、
かかせないアイテム。

null

すでに京都市内の本は販売されているそうですが、今回は、京都府山城地域や滋賀県など掲載されて
いない情報を取り入れていただこうと、京都府と滋賀県がツアー:bus:を実施し、香港と台湾のメディアの
方に来ていただきました。

午前中、八幡市でいちご狩り体験をされたみなさんは、午後1時に普賢寺ふれあいの駅へ。
ふれあいの駅によるお茶の接待を受けながら、京田辺市観光協会事務局職員が今年度、協会と市、同
志社大学、IT企業と共同開発したi-phone:keitai:の観光アプリについて案内しました。

null

続いて、観音寺へ。住職さんによる説明の後、国宝を目の前8-|でご覧になりました。

null

京田辺市特産の玉露も飲んでいただこうと、舞妓の茶本舗へ。
「なぜ、こんなに甘いのか」「なぜ、湯の温度が低いのか」など、たくさんの質問が飛び交いました。

null

最後に、一休寺へ。アニメの一休さんはみなさんご存知でした。が、アニメでない一休さんの画像を
ご覧になると、びっくり:ahhh:されていました。

null

京田辺の写真:camera:をたくさんおさめていただきましたので、本にたくさん取り上げていただけるとうれし
いなと思いました8-)

byイニ:-D