福島県から枝分けされた滝桜


3月11日に起きた東日本大震災から一か月が経ちました。

震災で被害を受けた福島県三春町から枝分けされた滝桜が、先週京田辺市役所周辺で元気な花を咲かせてくれていました。

その姿はみごと。
私自身にも元気を与えてくれます。

一か月経っても大きな余震が続いているようです。
同じ日本にいながら、何もできないもどかしさが続いています。

そうした中、支援の輪がどんどん広がっているニュースも届いています。
みんながつながって元気を取り戻していきたいです。

:arrow:京田辺のことなら京田辺道中記http://kyotana.be:good:

byイニ:-D