田辺玉露を使って茶かぶき研修


9月4日に日本茶インストラクター協会京都府支部が「茶かぶき」の研修会を開催されましたので、
参加してきました。

今回の研修は、茶かぶきを実施できる側になるために開催されたもので、講義と実際の開催方法に
ついて実技も学べました。

まずは、茶かぶき今昔のお話。
茶かぶきの歴史をたどると、鎌倉時代から室町時代にかけては、闘茶と呼ばれ、室町時代には、派
手な婆娑羅茶会も開かれたそうです。

その後、歌舞伎をする前に茶をあてるゲームをして人集めをしたということから茶歌舞伎と呼ばれ、
現在の香りを服すると書いて茶香服となりました。

続いて、「茶かぶきの開き方」についての講義。
講師は、日本茶インストラクター協会京都府支部副支部長でわが観光協会会員である仲井芳東園の
仲井敏雄さんでした。

準備物から煎じ手や配手はどのような動きをするなど、細かく指導してくださいました。

講義を受けた後、実際の茶香服を体験しながら、煎じ手や配手の実技指導も受けました。

最初からはなかなかうまく行きませんでしたが、改めて、日本茶の奥深さと茶かぶきは、たくさん
の方に日本茶のすばらしさを知っていただけるよい方法だなと感じました:oops:

茶かぶきの参加者としても参加し、実際に何の茶かあてる側にもなりました。
今回使われた最高のお茶は田辺玉露です。

田辺玉露が使われたということで、それだけでうれしくなりました。
その他、宇治田原玉露、和束煎茶、奈良煎茶、和束青柳が使われたのですが、玉露どうし、煎茶
どうし、はたまた、玉露と煎茶でもどっちがどうなのか、見極めるのは、まだまだ修行が必要です=:[:*o*:

ちなみに、プロの方は、飲まず、お茶の水色と香りだけでそれが何茶かあてられるそうです。

byイニ:-D